スポンサードリンク

花粉の飛散量予測 【2017年】

2017年の花粉の量はどうなるのでしょうか?

 

花粉対策の早めの準備をしておきたいですね。

 

夏の日照時間と秋から初冬に実施されたスギ雄花の調査から計算された2017年春のスギやヒノキの花粉飛散量は、西日本では昨年の2倍から4倍、東日本は0.8倍から1.1倍になる見込みです。

 

過去10年の花粉飛散量の平均と比較すると、西日本では平均比で1.1倍から1.5倍、東日本では0.8倍前後になる見込みです。

 

また黄砂・PM2.5も飛散してきますので注意が必要です。

 

ウェザーニュース 各地の花粉情報を参考にどうぞ!
http://weathernews.jp/pollen/#//c=0/ddm=today_robot

 

花粉の量と夏の天候の関係について

最近の研究ではスギ花粉の雄花生産量は、前年の夏の天候との相関が高いことがわかってきています。

 

よく晴れて暑い夏ほど植物の光合成が盛んになり、雄花の生産量が多くなると考えられていますよ。猛暑の次の春は花粉の量が多くなるので注意ということですね。

 

スポンサードリンク

【2017年】 花粉の飛散量関連ページ

春の花粉飛散予測 2018年
2018年の花粉の飛散量予測は?スギ花粉・ヒノキ花粉・稲花粉・ブタクサ花粉の量をしって早めに対策・予防をしましょう
毎日の花粉の飛散量予測
毎日の花粉の飛散量予測は?全国の自分の住んでいる地域のスギ花粉・ヒノキ花粉・稲花粉・ブタクサ花粉の量をしって早めに対策・予防をしましょう
スギ花粉と放射性セシウム
2012年の花粉と放射能の問題。原発事故の影響で心配されるスギ花粉に含まれる放射性セシウムの量や飛散地域などに関する情報、ニュース。