スポンサードリンク

今年の花粉の量

スポンサードリンク

今年の花粉の量記事一覧

2018年の花粉の量はどうなるのでしょうか?花粉対策の早めの準備をしておきたいですね。2018年春の花粉飛散予測は、東北から近畿、四国地方までの広い範囲で、前シーズンの飛散量を上回る見込みです。特に、東北、関東甲信、四国地方では、「非常に多い」飛散量の都道府県があり、注意が必要です。中国地方は前シーズン並み、北海道、九州地方は、前シーズンと比べると少ない予測となっています。一方、例年比でみると、東...

2017年の花粉の量はどうなるのでしょうか?花粉対策の早めの準備をしておきたいですね。夏の日照時間と秋から初冬に実施されたスギ雄花の調査から計算された2017年春のスギやヒノキの花粉飛散量は、西日本では昨年の2倍から4倍、東日本は0.8倍から1.1倍になる見込みです。過去10年の花粉飛散量の平均と比較すると、西日本では平均比で1.1倍から1.5倍、東日本では0.8倍前後になる見込みです。また黄砂・...

毎日の花粉の量を教えてくれるサイトがあります。とっても助かりますよね。自分の地域の花粉の量をチェックして対策をとりましょう。お子さんの花粉症の場合は花粉の量をチェックして多い日にはマスクや花粉症用ゴーグル(メガネ)で対策をとったり、小さいお子さんの場合は外出を控えたりして対応したいですね。ウェザーニュース 各地の花粉情報http://weathernews.jp/pollen/#//c=0/ddm...

2012年の花粉の時期に心配されるのがセシウム花粉の問題ですよね・スギの葉から花粉に放射性セシウムが移行されて、飛散されるのか。といったことだと思います。また飛散の量や飛散地域、そのスギ花粉が体内に入ることによる内部被爆は?などいろいろ心配になりますよね。特にお子さんや乳児、赤ちゃんへの影響はどうなっているのでしょうか。林野庁は2011年12月27日、11月から実施してきたスギ花粉の放射性セシウム...