スポンサードリンク

インフルエンザ対策 マケンザスプレー・マケンザX

めざましテレビでインフルエンザ対策に頼もしい商品「マケンザ」が紹介されました。
インフルエンザ対策の「マケンザ」にはスプレーとタブレットの2種類あります。
ファーマフーズの独自開発で抗インフルエンザ鶏卵抗体「オボプロン」を配合したマスク用スプレーですが、
開発した抗インフルエンザ鶏卵抗体では、季節性インフルエンザと新型インフルエンザの増殖を短時間で抑える効果を確認されたとのこと。
「マケンザS」はこの抗インフルエンザ鶏卵抗体の粉末を水に溶かし、通常のマスクに噴霧して使用するスプレータイプの商品。

 

スプレー使用方法
粉末に付属のスポイトで水を注入し、混ぜ合わせたものをスプレーに入れて準備完了
用意した液体を市販されているマスクの表面に噴霧し、乾燥させると利用できる。
製品一つで、約20〜30枚分のマスクに利用できる。

 

さらに、マケンザにはスプレーの他に
食べるタブレットも商品化されていて(マケンザX)、このタブレット食べることでインフルエンザ対策が出来るようです。
ただし乳幼児や卵アレルギーがあるかたは食べれないそうです。

 

マスクのスプレーは子供のマスクにも手軽にできていいですね。
これが効果があるなら予防接種をうたなくてすんだら嬉しいですね〜!

 

オボプロンって?

母親が胎盤や母乳を通じて子どもへ免疫物質を与えるように、ニワトリは卵に免疫物質を詰め込みヒヨコへ受け継ぎます。このニワトリの免疫システムを活用して作られてたのが、卵由来のタンパク質・オボプロン(鶏卵抗体)です。

 

マケンザSサイト
http://www.pharmafoods.co.jp/products/makenzas/
マケンザXサイト
http://pfi-e.jp/makenza/

スポンサードリンク