スポンサードリンク

子どもの花粉症 病院

風邪のような症状で、いつも鼻水が出てて鼻をグズグズしているな〜、目がかゆいっていうな〜っておもったら風邪でなく花粉症でした。

 

はい、これは我が家の娘ことです。保育園(幼稚園)でも花粉症になるんだ!とおどろいのですが、周りにもたくさんの花粉症の子どもがいたので安心と同時にまたこれも驚きでしたね。

 

花粉症とは

花粉症は植物の花粉が原因となって起こるアレルギー性の病気で、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりが3大症状として知られています
。また人によってはこれに伴って、目の症状やのどの症状、全身倦怠感などをはじめ、さまざまな症状がみられることもあります。

 

花粉症は何科?

うちは3歳ぐらいから中耳炎になったり喘息のけがあったりで耳鼻科に通っていたのですが、基本的に花粉症かな?という症状がみられたら、耳鼻科かアレルギー科がよいようです。

 

子どもの花粉症のサイン

子どもが花粉症かな?と考えられる主なサインとしては、次のような例が挙げられます。

 

  • 目をこする(目の中が痛痒くなり、発赤、充血、目やに、流涙が起こる)
  • 鼻をこする(くしゃみに続いて鼻水がおこり、頻繁に鼻をかむようになる)
  • くしゃみを連発する(3回以上くしゃみを連発し、このような発作が1日5回以上)
  • 口を頻繁にあける(鼻のなかがつまって息がしづらい)

 

耳鼻科にはたくさんの大人から子どもの花粉症の患者さんがいます。

 

ですから、目のかゆみだけなら眼科でもいいかと思いますが、耳鼻科でも目薬はくれましたし、総合的にいえば耳鼻科やアレルギー科がよいようですので自己判断せず早めに受診してみてくださいね!
というのもアレルギーの専門医や耳鼻科で診てもらったら花粉以外のアレルギーもいくつかあることがわかったりしますので、体質にあう薬を処方してもらえます

 

(子どもにあった薬や鼻水を抑える薬、目のかゆみを抑える目薬などを処方してくれます。)

 

うちの娘は喘息でずっと薬をのんでるのですがアレルギーを抑える薬も飲んでおり、花粉症にやはり効果があります。

 

今のお医者さんの話では花粉症や喘息は放っておくと酷くなり、薬で抑えながら経過を見るのがベストだそうです。

 

 

 

というのも、子ども時代に花粉症にかかった人はそのまま大人になっても花粉症が移行してしまいます。

 

小児では自然に改善することはほとんど認められません。また、成人になってもなかなか自然改善はみられず、長期にわたってつらい花粉症との付き合いが始まってしまいます。
もちろん、子どもには花粉の季節でも外で元気に遊んで欲しいですが、ただ、それでも花粉の多い時期や接触は少なくすることは必要です。教室内、家の中に花粉を持ち込まないことも大切です。

 

対策を講じて外出しましょう!

 

ちなみにうちは花粉がくると予想される2週間前から薬を飲み始めています!


スポンサードリンク

子どもの花粉症 病院 何科関連ページ

花粉症対策 外出時の注意と対策
子供の花粉症の対策と予防特集。外出時の注意と外出後の対策をして少しでも花粉の被害から逃れましょう!
子どもの花粉症と親のアレルギーの関係
子供の花粉症の発症率、両親の花粉症やアレルギーなどの関係について。子どもの花粉症に関するニュース
赤ちゃんの花粉症
乳児や幼児はいくつから花粉症になるのでしょうか。赤ちゃんでも花粉症はあるのでしょうか。
花粉症と雨 花粉症と天気
花粉症と天気の関係。雨の日は花粉は飛ばないのか、どの天気が花粉症がひどくなるかなどの花粉症と天気の関係。
花粉症の民間療法
花粉症に効果のあると言われる民間療法で、辛い花粉の症状を軽減しましょう。また花粉症の症状をやわらげる体質改善しましょう。