スポンサードリンク

子どもの花粉症と親のアレルギーの関係

子どものアレルギーや喘息などは両親のアレルギーと深く関係しているとよくいわれます。うちも主人が小児喘息だったため娘の喘息やアレルギーはその影響があると思うとお医者さんから話をされたことがあります。
子どもの花粉症に関してはどうなのでしょうか?

 

ロート製薬が2012年2月1日、0歳から16歳までの子どもをもつ父母を対象に行った「子どもの花粉症」実態調査の結果を公開しました。

子どもの花粉症の割合は全体の3割強

 自分の子どもが花粉症だと感じている人は、2006年の30.2%から2011年では35.6%となり、5.4ポイント増加した。またこの中で、花粉症に加えて通年性アレルギー性鼻炎を併発していると感じている人も2006年の8.6%から2011年は11.2%に増加している。

 

子どもの花粉症の発症年齢は10歳以下がが8割強

 子どもが花粉症を発症している親を対象に、発症したと思われる年齢を聞いた質問では、「10歳以下」を選んだ人の総計は82.1%となり、2006年の75.4%と比べ増加した。

 

両親が花粉症の場合の子どもの花粉症発症率は増加傾向

 「父母のどちらかが花粉症」「両親ともに花粉症」の人は、2006年の66.0%から2011年は65.6%とほぼ変動はない。しかし、「父母のどちらかが花粉症の子どもの花粉症」は、2006年の34.6%から2011年の41.6%に増加、「両親ともに花粉症の子どもの花粉症」は2006年の49.5%から2011年の54.1%と、ともに増加傾向にある。

 

子どもの花粉症の症状が一番出る時期は4〜5月

 1年のうち子どもの花粉症の症状が出ていると感じる季節を聞いたところ、「4〜5月」がもっとも多く62.9%、次いで「2〜3月」(56.1%)、「8〜10月」(12.7%)という結果になった。

 

◇子どもの花粉症についてのエピソードで多かった声
「マスクを嫌がる」「鼻水をうまくかめず中耳炎になりかけた」「保育園のお散歩で症状がひどくなる」などの声が多数あったようです。

 

花粉症対策グッズを上手く利用したいですね。

 

 また、アンケート結果について、小児アレルギーの専門医から、「花粉症の低年齢化は進んでおり、集中力の低下など“生活の質”への影響が懸念されているようです。
花粉症というのは自然治癒が困難な病気です。一旦発症したらずっと付き合っていかないといけないので乳幼児期から花粉回避するなど発症予防が大切」とのアドバイスです。
免疫力をたかめたり日頃から注意が必要なようですね。

 

 

この調査は、花粉症対策への啓発を目的に、全国の0〜16歳の子どもを持つ父母を対象にインターネットによるアンケートを実施。調査時期は2011年11月11日〜16日、12月21日〜26日。サンプル数は4,096人。この「子どもの花粉症」に関する調査は2006年にも実施しており、今回調査と合わせた分析結果を発表している。

 

スポンサードリンク

子どもの花粉症と親のアレルギーの関係関連ページ

子どもの花粉症 病院 何科
子供の花粉症の対策と予防特集。子どもの花粉症を疑ったら何科にかかればよいのでしょうか。
花粉症対策 外出時の注意と対策
子供の花粉症の対策と予防特集。外出時の注意と外出後の対策をして少しでも花粉の被害から逃れましょう!
赤ちゃんの花粉症
乳児や幼児はいくつから花粉症になるのでしょうか。赤ちゃんでも花粉症はあるのでしょうか。
花粉症と雨 花粉症と天気
花粉症と天気の関係。雨の日は花粉は飛ばないのか、どの天気が花粉症がひどくなるかなどの花粉症と天気の関係。
花粉症の民間療法
花粉症に効果のあると言われる民間療法で、辛い花粉の症状を軽減しましょう。また花粉症の症状をやわらげる体質改善しましょう。