スポンサードリンク

子どもの花粉症対策と花粉症に関するニュース・情報について

スポンサードリンク

子どもの花粉症対策と情報記事一覧

風邪のような症状で、いつも鼻水が出てて鼻をグズグズしているな〜、目がかゆいっていうな〜っておもったら風邪でなく花粉症でした。はい、これは我が家の娘ことです。保育園(幼稚園)でも花粉症になるんだ!とおどろいのですが、周りにもたくさんの花粉症の子どもがいたので安心と同時にまたこれも驚きでしたね。花粉症とは花粉症は植物の花粉が原因となって起こるアレルギー性の病気で、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりが3大症状と...

花粉のアレルギーは花粉が鼻・目・耳の奥などの粘膜に触れることで、アレルギー反応を起こして炎症やかゆみを感じてしまう症状です。ですから花粉症の対策はお子さんでも大人でも一緒ですが、基本的に花粉を家に入れない&花粉に触れない!花粉症の時期はこれが最善ですよね。かといって、乳児以外は子どもだって幼稚園・保育園・小学校・中学校・高校など通わなくてはなりませんし、大人だってずっと家にこもりっきりでいることは...

子どものアレルギーや喘息などは両親のアレルギーと深く関係しているとよくいわれます。うちも主人が小児喘息だったため娘の喘息やアレルギーはその影響があると思うとお医者さんから話をされたことがあります。子どもの花粉症に関してはどうなのでしょうか?ロート製薬が2012年2月1日、0歳から16歳までの子どもをもつ父母を対象に行った「子どもの花粉症」実態調査の結果を公開しました。子どもの花粉症の割合は全体の3...

赤ちゃん、乳児でも花粉症はあるのでしょうか?少し前までは「赤ちゃんには花粉症はない」「5〜6才にならないと花粉症は発症しない」と言われていました。というのも花粉に触れてはじめて抗体ができるので、乳児のうちに花粉をたくさんあびることは少ないことからそういわれていたようです。しかし最近では1才代でも花粉症になる赤ちゃんが出てきているようです。0才代ではさすがに少ないのですが、花粉をあびるのが二回目にな...

花粉症と天気の関係はあるのでしょうか?雨の日は花粉は飛ばないのか、どの天気が花粉症がひどくなるかなどの花粉症と天気の関係を特集します。一般的に花粉がよく飛ぶ日は 最高気温が高めの日 雨あがりの翌日で天気が良い日 風が強く晴天で乾燥した日花粉が飛びやすい日というのは、カラッと晴れた日で最高気温が摂氏15度以上で、湿度が60%以下の日だと言われています。花粉がよく飛ぶ時間帯はスギの木の雄花から花粉が一...

花粉症に効果のあると言われる民間療法で、辛い花粉の症状を軽減しましょう。また花粉症の症状をやわらげる体質改善しましょう。ここでは民間療法を紹介します。花粉症の民間医療の内容は民間医療の内容は多彩です。アメリカでは薬草関連、カフェイン関連、その他ホメオパシー、灸、アロマ療法、マッサージなどが中心のようです。日本ですが、いわゆる健康雑誌やインターネットの情報から代表的なものを集めてみると次のようになり...